2019年03月17日

2019年2回中山8日 11R 第68回 フジテレビ賞スプリングステークス 予想

こんにちは。

ワイド馬券師、HERO(ヒーロ)です。

GUにしては小粒。
古馬戦なら準オープンクラスから重賞挑戦な感じ。

今年の狙いは
・前走3歳重賞で4〜5着。
・2歳オープン、重賞は未出走。
・マイル以下のオープン、重賞経験がない。

出来上がった強い相手に打ち負かされた感じの前走。
本番へ向けて徐々に進化中の馬。
鞍上柴山騎手へ戻ってココは優先権取り。


本命は3枠5番ゲバラ。

◎3枠5番ゲバラ
○6枠12番タガノディアマンテ
▲8枠15番ロジャーバローズ
△4枠8番ヒシイグアス
注7枠13番シークレットラン




posted by HERO at 13:20| Comment(0) | GU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年1回阪神8日 11R 第67回 阪神大賞典 予想

こんにちは。

ワイド馬券師、HERO(ヒーロ)です。

4歳馬不在の阪神大賞典、盛り上がりに欠ける…。
JCが日本競馬の最高峰になり、天皇賞(春)の権威が落ちたせいもあり、ドバイへ向かい馬が増え…、ココへ出走の有力馬が減った。

1年1ヶ月ぶりの競争を、菊花賞馬に抜かさせない強さを見せて勝ったシャケトラ。
マンハッタンカフェ産駒でココは問題なさそう?

菊花賞、天皇賞(春)を制したステイヤーの血が産駒に残しているかというと、そうでもない。
2011年にヒルノダムールが天皇賞(春)を勝ったくらい。
短距離馬を多く輩出し、中長距離は2400〜2600mが得意な馬が多い。

今年の狙いは
・阪神大賞典は初出走。
・前走GT、GU2で4〜5着。
・6歳馬以上

歳を重ねるごとに距離を伸ばしてきた。
ココでステイヤーの血が開花。
2走前、0.4秒差。前走0.2秒差。
上り調子、ここは勝ち負け。


本命は3枠3番ケントオー。

◎3枠3番ケントオー
○8枠11番コルコバード
▲8枠10番シェケトラ
△6枠6番ソールインパクト
注6枠7番カフジプリンス




ラベル:阪神大賞典
posted by HERO at 12:40| Comment(0) | GU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年2回中京4日 11R 小牧特別 予想

こんにちは。

ワイド馬券師、HERO(ヒーロ)です。


これまで芝1800〜2400mの11戦。
複勝率72%、連対率45%。
中京戦は芝2000mで3着と2着、芝2200mで3着と6着。

1000万条件での2戦目。
休み明けから走れる馬。

前走は取りこぼしの1戦
リベンジとなるココは左回りの長い直線をうまく捌いて勝利に導いた津村騎手を起用。
勝ち負け。


本命は5枠7番スヴァルナ。

◎5枠7番スヴァルナ
○4枠4番モザイク
▲7枠11番アーデルワイゼ
△8枠12番アロハリリー
注8枠13番ミヤジユウダイ




ラベル:小牧特別
posted by HERO at 11:50| Comment(0) | 1000万 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年2回中山8日 11R 千葉ステークス 予想

こんにちは。

ワイド馬券師、HERO(ヒーロ)です。


昨年、一昨年と10番人気の馬が勝利。
1番人気の馬が勝つこともありますが、ヒモ荒れはよく起こるハンデキャップ戦らしい競争。

で、ダートオープンのハンデキャップ戦の定石、人気薄のハンデ頭が来るかというと来ない競争。
そういう馬が出走して来ない競走でもある。

今年の狙いは、前走準オープンを人気薄で勝った馬。

5歳夏まではダート1600〜1800mが主戦。
5歳秋からダート1200〜1400mを主戦に変更。

1000万、1600万を勝ったのは中山ダート1200m。
鞍上は横山典弘騎手。

鞍上は子に引き継ぎ。
中山ダート1200m、斤量51kgなら勝ち負け。


本命は2枠3番モアニケアラ。

◎2枠3番モアニケアラ
○1枠2番タテヤマ
▲6枠11番ブルミラコロ
△2枠4番クイーンズテソーロ
注4枠8番メイショウワダイコ




posted by HERO at 10:50| Comment(0) | オープン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年2回中京4日 4R 障害未勝利 予想

こんにちは。

ワイド馬券師、HERO(ヒーロ)です。


サンデーサイレンス系の障害適性の高さの中にあってディープインパクトも御多分に洩れず。
そのディープインパクトから引き継いだ障害適性はこれから注目。

3歳で平地戦に見切りをつけて障害転向。
3ヶ月半の休み明けからの初障害。
そして今回も3ヶ月半の休み明けの障害2戦目。
明け4歳初戦。

平地戦では見なかった、何か意気込みを感じるローテーション。
ココは勝ち負け。


本命は7枠11番レインボーナンバー。

◎7枠11番レインボーナンバー
○6枠10番サンライズルーク
▲8枠14番ケイブルグラム
△7枠12番ホクセンジョウオー
注1枠1番ジャスパーゲラン




posted by HERO at 10:15| Comment(0) | 障害未勝利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする