2017年06月25日

2017年3回阪神8日 11R 第58回 宝塚記念 予想

こんにちは。

ワイド馬券師、HERO(ヒーロ)です。
GTの時はGT馬券師のHERO(ヒーロ)です。

 競馬好きなら私の予想より先ずはこっち確認⇒競馬サーチ.com


GT 第58回 宝塚記念 です。

高松宮記念
安田記念
宝塚記念
有馬記念
と、記念GTは毎年違う連動性があるのです。
が、今年はちょっと読みにくい。
それは、脇に置いといて、

昨年は、断然の一番人気が沈む宝塚記念と予想。
本命マリアライトは見事1着でしたが撃沈とまでは行かないでドゥラメントは2着。

今年は断然の一番人気が圧勝の予想。
なので予想は相手探し。

グランプリ宝塚記念。
お祭りGT、本番GTの後夜祭。
後夜祭をメインに考え、ココが本番と望む主役はいない。
しか〜し競馬界には、たま〜に、いる。
有馬記念や宝塚記念を取りに来ている馬。

で、取りに来ないまでもここが本番と駒を進めている馬。
叩き3走目の馬。
前走、仕上げも本番仕様でなかった馬。

今年の狙い、対抗馬の狙い。
・キタサンブラックが勝ったレースで負けてない馬。あるいは1敗。
・前走、天皇賞ではないGT出走。
・前走、掲示板外。
・叩き3走目の馬。


本命は8枠10番キタサンブラック。
対抗一番手は7枠8番ミッキークイーン。

◎8枠10番キタサンブラック
○7枠8番ミッキークイーン
▲1枠1番ミッキーロケット
△6枠7番レインボーライン
注6枠6番シャケトラ

馬券は、
ワイド8−10(1点)
馬連8−10(1点)
馬単10−8(1点)
3連複8−10−1、6、7(3点)
3連単10−8−1、6、7(3点)


ラベル:宝塚記念
posted by HERO at 12:00| Comment(0) | GT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

2017年3回東京2日 11R 第67回 安田記念 予想

こんにちは。

ワイド馬券師、HERO(ヒーロ)です。
GTの時はGT馬券師のHERO(ヒーロ)です。

 競馬好きなら私の予想より先ずはこっち確認⇒競馬サーチ.com


GT 第67回 安田記念 です。

とても間口が広いGT。
3歳馬が出走できるのでステップレースは5競争。
マイラーズカップ、京王杯スプリングカップ、谷川岳ステークス、ニュージーランドトロフィー、橘ステークス。
そこにGTの高松宮記念、大阪杯、ヴィクトリアマイル、NHKマイルカップが加わる。

メンバーを見れば注意するステップレースはマイラーズカップ、京王杯スプリングカップと高松宮記念、大阪杯。

マイラーズカップ、京王杯スプリングカップともにGT馬が勝ち、昨年の短距離界で活躍した6歳馬。

一番人気のイスラボニータ。
皐月賞馬の復活では昨年のロゴタイプと一緒。同じことは起こらない。

3回東京ともなれば関西のジョッキーも何度となく東京競馬場で出走。
下見も必要無くなるのか勝負気配が読めない。
そんな中、1Rから11Rまで8Rを除く準フル参戦のジョアンモレイラ騎手。

昨年12着大敗のリベンジに1流中の超1流騎手を起用して来た。
同枠馬の配置もグッド。
馬を使い過ぎの感じもしますが、そこは香港競馬のセン馬故。


本命は3枠5番コンテントメント。

◎3枠5番コンテントメント
○7枠14番サトノアラジン
▲7枠15番イスラボニータ
△8枠18番ステファノス
注4枠7番グレーターロンドン


馬券は、
5の単複
枠連3−4、7、8(3点)
馬単5−7、14、15、18(4点)
ワイド5−7、14、15、18(4点)
3連複5−7、14、15、18(4点)
3連単5−14−7、15、18と5−7、15、18−14(6点)


ラベル:安田記念
posted by HERO at 11:03| Comment(0) | GT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

2017年2回東京12日 10R 第84回 東京優駿(ダービー) 予想

こんにちは。

ワイド馬券師、HERO(ヒーロ)です。
GTの時はGT馬券師のHERO(ヒーロ)です。

 競馬好きなら私の予想より先ずはこっち確認⇒競馬サーチ.com


GT 第84回 東京優駿(ダービー)です。

牡馬クラシックの2冠目。

今年のトライアル、青葉賞、京都新聞杯、プリンシパルステークスで起こったこと。

青葉賞
 1着馬は500万特別アザレア賞を勝ったアドミラブル。未勝利からの3連勝。
 2着馬は弥生賞4着のベストアプローチ。
 3着馬は500万特別大寒桜賞を勝ったアドマイヤウイナー。

京都新聞杯
 1着馬は500万特別はなみずき賞を勝ったプラチナムバレット。
 2着馬は500万特別水仙賞2着のサトノクロニクル。
 3着馬はすみれステークス5着のダノンディスタンス。

プリンシパルステークス
 1着馬は弥生賞9着のダイワキャグニー。
 2着馬は500万特別山藤賞を勝ったレッドローゼス。

京都新聞杯組がそろって出走していない。
トライアルの1着馬は人気馬。
皐月賞のトライアルと同じで順調な勝ち上がりの馬が優先出走権を得ている。

今年の狙いは
・皐月賞、ダービーのトライアルで2〜3着の馬。
・サンデーサイレンス系(ディープインパクト産駒)以外の種牡馬。
・1枠。

弥生賞、皐月賞で本命も、パドックではどう見ても仕上げきっていない馬体でガッカリだった。
それでも3着死守。
ここが本番、仕上がった馬体を見せてくれるはず。


本命は1枠1番ダンビュライト。

◎1枠1番ダンビュライト
○8枠18番アドミラブル
▲3枠6番サトノアーサー
△5枠10番ベストアプローチ
注6枠11番ペルシアンナイト


馬券は、
1の単複
枠連はなし
馬単1−6、10、11、18(4点)
ワイド1−6、10、11、18(4点)
3連複1−6、10、11、18(4点)
3連単1−18−6、10、11と1−6、10、11−18(6点)


posted by HERO at 11:00| Comment(0) | GT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする