2018年04月15日

2018年3回中山8日 11R 第78回 皐月賞 予想

こんにちは。

ワイド馬券師、HERO(ヒーロ)です。
GTの時はGT馬券師のHERO(ヒーロ)です。


GT 第78回 皐月賞 です。

牡馬クラシックの1冠目。

今年の皐月賞の予想で参考にするレース。
1)先週行われた桜花賞。
2)若葉ステークス、弥生賞、スプリングステークスのトライアルの3レース。

毎年、桜花賞と皐月賞は似たような事が起こります。
毎年、品を替え、という感じで毎回起こる事は違うので一筋縄ではいかない。

若葉ステークスで起こったこと。
1着:福寿草特別を勝ったアイトーン。
2着:京成杯7着のダブルシャープ。
3着:ホープフルステークス9着のロードアクシス。

弥生賞で起こったこと。
1着:朝日杯FS1着から休み明けのダノンプレミアム。
2着:東京スポーツ杯2歳S1着から休み明けのワグネリアン。
3着:ホープフルステークス2着のジャンダルム。

スプリングステークスで起こったこと。
1着:朝日杯FS2着のステルヴィオ。
2着:あすなろ賞1着のエポカドーロ。
3着:フリージア賞2着のマイネルファンロン。

弥生賞は2歳重賞勝ちのある馬で独占。
他では500万勝ちの馬が活躍。

さて、今年からホープフルステークスがGTに昇格。
外国産馬が昔とった王道、朝日杯からNHKマイル。
ホープフルステークスの昇格でこの路線が復活か。
朝日杯組は軽視?
ダノンプレミアムが不在は必然。

今年の狙いは。
・ホープフルステークス1〜3着馬。
・トライアル2着馬のいる枠。


本命は1枠1番タイムフライヤー。

◎1枠1番タイムフライヤー
○2枠3番ジャンダルム
▲5枠10番ジェネラーレウーノ
△5枠9番オウケンムーン
注6枠12番グレイル

馬券は
1の単複。
枠連1−2、5(2点)
馬単1−3、9、10、12(4点)
ワイド1−3、9、10、12(4点)
3連複1−3、9、10、12(3点)
3連単1−3−9、10、12と1−9、10、12−3(6点)


ラベル:皐月賞
posted by HERO at 13:00| Comment(0) | GT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

2018年2回阪神6日 11R 第78回 桜花賞 予想

こんにちは。

ワイド馬券師、HERO(ヒーロ)です。
GTの時はGT馬券師のHERO(ヒーロ)です。


GT 第78回 桜花賞 です。

牝馬クラシックの1冠目。

一昨年は単勝1.5倍の3冠もって行きそうな馬が4着に敗戦。
昨年は単勝1.4倍の3冠もって行きそうな馬が3着に敗戦。
過去にもこんなことがある牝馬路線。
今年も単勝2倍切りそうな馬がいますが、どうなりますか…。

そして昨年に引き続き出走取り消しの馬が出た桜花賞。
前走競争中止の馬と同枠のラッキーライラック。
どうするか迷っていたのですが、これでバッサリ消す判断ができた。

今年のトライアル、チューリップ賞、フィリーズレビュー、アネモネステークスで起こったこと。

チューリップ賞
1着:新馬勝ち→アルテミスS→阪神JF勝ち→休み明け。4連勝中。
2着:新馬勝ち→赤松賞勝ち→阪神JF3着→クイーンC5着。
3着:新馬勝ち→白藤賞勝ち→阪神JF2着→休み明け。

フィリーズレビュー
1着:新馬3着→未勝利勝ち→500万2着。
2着:新馬勝ち→つわぶき賞勝ち→休み明け。
3着:新馬勝ち→白菊賞4着→500万勝ち。

アネモネステークス
1着:新馬4着→未勝利4戦目で勝ち→500万勝ち。
2着:新馬3着→未勝利勝ち→サフラン賞勝ち→休み明け。

チューリップ賞は阪神JFそのままという感じ。
フィリーズレビュー、アネモネステークスは重賞経験を排除。


今年の狙いは
・トライアルの勝ち馬ではない。
・前走2着。
・特別500万勝ちがある。


本命は7枠14番レッドレグナント。

◎7枠14番レッドレグナント
○7枠13番アーモンドアイ
▲7枠15番プリモシーン
△5枠10番アンヴァル
注8枠16番フィニフティ


馬券は。
14の単複
枠連7−5、7、8(3点)
馬単14−10、13、15、16(4点)
ワイド14−10、13、15、16(4点)
3連複14−10、13、15、16(6点)
3連単14−13−10、15、16と13−14−10、15、16(6点)


ラベル:桜花賞
posted by HERO at 13:25| Comment(0) | GT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

2018年2回阪神4日 11R 第62回 大阪杯 予想

こんにちは。

ワイド馬券師、HERO(ヒーロ)です。
GTの時はGT馬券師のHERO(ヒーロ)です。


GT 第62回 大阪杯 です。
GTに昇格しての第2回大阪杯。

まずは今年のステップレース、中山記念と金鯱賞で起こったこと。

中山記念
1着:前々走福島記念1着、前走、中山金杯2着のウインブライト。
2着:秋華賞7着から休み明けのアエロリット。前々走のクイーンステークス1着。
3着:マイルCS15着から休み明けのマルターズアポジー。3走前の関屋記念1着。

金鯱賞
1着:前々走アルゼンチン共和国杯1着、前走、有馬記念4着のスワーヴリチャード。
2着:凱旋門賞16着から休み明けのサトノノブレス。
3着:凱旋門賞15着から休み明けのサトノダイヤモンド。

まとめ
・両ステップレースともに1着馬は秋競馬のハンデキャップ重賞で1着。
・中山記念の2、3着馬は夏競馬の重賞で1着。
・金鯱賞の2、3着馬は昨年春に1、2戦して以降国内戦がない。
・中山記念組みはマイル〜中距離実績馬、金鯱賞組みは中長距離実績馬。


今年の狙いは
・4歳馬。
・昨年秋の古馬重賞の1着歴。
・マイル路線の馬。
・中山記念出走馬


本命は3枠5番ペルシナンナイト。

◎3枠5番ペルシナンナイト
○7枠14番ダンビュライト
▲5枠9番トリオンフ
△1枠2番サトノダイヤモンド
注2枠4番シュヴァルグラン

馬券は、
5の単複
馬単5−2、4、9、14(4点)
ワイド5−2、4、9、14(4点)
3連複5−2、4、9、14(6点)
3連単5−14−2、4、9と5−2、4、9−14(6点)


ラベル:大阪杯
posted by HERO at 12:20| Comment(0) | GT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする