2016年12月23日

2016年5回中山7日 10R 第139回 中山大障害 予想

こんにちは。

ワイド馬券師、HERO(ヒーロ)です。
GTの時はGT馬券師のHERO(ヒーロ)です。
障害GTの時もGT馬券師のHERO(ヒーロ)です。

 競馬好きなら私の予想より先ずはこっち確認⇒競馬サーチ.com


J・GT 第139回 中山大障害 です。

マキオボーラーが出走取り消しになり、予想を立て直したので記事アップが遅れました。

ステップレースがこれですよ、という正式なアナウンスがないJ・GT。

これまでの競争歴史を見ても、中山イルミネーションジャンプステークスがステップレース的な競争であることは間違いなさそう。(重賞競走としていない競馬番組設定は不思議です。)
今年はそれにプラス、秋陽ジャンプステークスがステップレースのように思います。

中山イルミネーションジャンプステークスで起こったこと。
・1着は秋陽ジャンプステークスで3着のタイセイドリーム
・2着は福島オープン競走で競走中止のシゲルヒノクニ。
・3着は福島未勝利を勝ったシンキングダンサー。

秋陽ジャンプステークスで起こったこと。
・1着は中山グランドジャンプで2着のサナシオン。(休み明け)
・2着は小倉オープンを勝ったルペールノエル。(休み明け)
・3着は東京ハイジャンプで3着のタイセイドリーム。

中山イルミネーションジャンプステークスの1、2着馬が不在。
ここの1、2着馬は7枠、6枠で、3、4着も7枠、6枠。その3、4着馬も不在。
完全にステップレースとして無視の出馬表。

秋陽ジャンプステークスの1着馬(登録抹消)が不在。
ここの1、3着馬は8枠。3着馬は中山イルミネーションジャンプステークスの1着馬。

今年の狙いは
・前走、重賞で2着の馬。
・中山イルミネーションジャンプステークスからの出走馬は消し。
・秋陽ジャンプステークスからの出走馬。

アップトゥデイトの自力に期待したいところですが…それよりも高田潤騎手の手腕に期待。


本命は8枠11番ルペールノエル。

◎8枠11番ルペールノエル
○3枠3サンレイデューク
▲7枠9番オジュウチョウサン
△8枠12番アップトゥデイト
注2枠2番トーセンハナミズキ

馬券は11の単複。
枠連8−3、7(2点)
馬単11−2、3、9、12(4点)
ワイド11−2、3、9、12(4点)
3連複11−2、3、9、12(6点)
3連単11−3−2、9、12と11−2、9、12−3(6点)


タグ:中山大障害
posted by HERO at 11:11| Comment(0) | 障害 GT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

2016年3回中山7日 11R 第18回 中山グランドジャンプ 予想

こんにちは。

ワイド馬券師、HERO(ヒーロ)です。
GTの時はGT馬券師のHERO(ヒーロ)です。
障害GTの時もGT馬券師のHERO(ヒーロ)です。

 競馬好きなら私の予想より先ずはこっち確認⇒競馬サーチ.com


J・GT 第18回 中山グランドジャンプ です。

出走頭数が10頭と久々にさびしい障害GT。
この頭数にメンバーなら単勝1番台もしょうがない断然人気のサナシオン。
ま〜それでも負けるのが競馬。

先週の桜花賞でもあったし…。

中山大障害よりもさらに150m長い障害。
逃げ切るのか見ものです。

今年の狙いは
・前走、人気を裏切って大敗の馬。
・ステップレースの4〜5着馬。
・中山グランドジャンプの経験のない馬。

中山巧者であったり、中山の障害オープン勝ちがある馬がよい。
そして騎手。
最近は障害で勝てる騎手、勝ち負けできる騎手がハッキリしている。
かっての勢いが感じられない西谷騎手。

それよりも、…である。

休み明けの前走は後方のまま。
今回は離れた3〜5番手くらいかな?

本命は1枠1番ウォンテッド。

◎1枠1番ウォンテッド
○2枠2サナシオン
▲4枠4番マイネルフィエスタ
△6枠6番ブライトボーイ
注7枠7番オジュウチョウサン

馬券は1の単複。
馬単1−2、4、6、7(4点)
ワイド1−2、4、6、7(4点)
3連複1−2、4、6、7(6点)
3連単1−2−4、6、7と1−4、6、7−2(6点)


posted by HERO at 12:00| Comment(0) | 障害 GT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

2015年5回中山7日 10R 第138回中山大障害 予想

こんにちは。

予想家モドキのHERO(ヒーロ)です。

 競馬好きなら私の予想より先ずはこっち確認⇒競馬サーチ.com


J・GT 第138回中山大障害 です。

障害スキ〜にはたまらないレース。
平場のGTと同じくらい盛り上がってますが、世間はそんな事はない様子。

ステップレースは重賞ではなくオープン戦。
今年の出走馬をみると中山イルミネーションカップだけがそんな感じ。

障害重量の組み方に問題あると思って早数年。
中山での障害重賞はJ・GTだけー。というJRAの強い意志は頑固です。

今年の狙いは秋の障害重賞の1着馬。
2頭いますが狙うのは京都ジャンプステークスの方。

平場でもそうですが、5連勝が一つの区切り。
それを超えて6連勝、7連勝はよっぽどの名馬。

サナシオンがそんな馬かというと、そうは感じない。
福島の障害未勝利勝ちの馬。

J・GT馬にはローカルではなく中央開催の障害未勝利勝ちはマスト。

問題は馬格。
440kgと障害馬にしては非力な感じ。
しかし、障害後半になってもまったく飛越のバランスが崩れない障害馬としてのセンスは抜群。

本命は6枠9番ダンツミュータント。

◎6枠9番ダンツミュータント
○8枠13番アップトゥデイト
▲2枠2番アポロマーベリック
△4枠6番ティリアンパープル
注5枠7番ドリームセーリング

馬券は、
9の単複
馬単9−2、6、7、13(4点)
ワイド9−2、6、7、13(4点)
3連複9、13−2、6、7(3点)
3連単9−13−2、6、7(3点)


タグ:中山大障害
posted by HERO at 08:00| Comment(0) | 障害 GT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする