2018年04月14日

2018年3回中山7日 11R 第20回 中山グランドジャンプ 予想

こんにちは。

ワイド馬券師、HERO(ヒーロ)です。
GTの時はGT馬券師のHERO(ヒーロ)です。
障害GTの時もGT馬券師のHERO(ヒーロ)です。


J・GT 第20回 中山グランドジャンプ です。

ステップレースがこれですよ、という正式なアナウンスがないJ・GT。

これまでの競争歴史を見ても、中山ペガサスジャンプステークスと三木ホースランドパークジャンプステークスがステップレース的な競争であることは間違いなさそう。
と思っていた昨年まで。
重賞である阪神スプリングジャンプは微妙な存在でしたが、これと中山ペガサスジャンプステークスがステップレースと判断しました。


中山ペガサスジャンプステークスで起こったこと。
1着:中山障害未勝利を勝ったマイネルクロップ。
2着:京都ジャンプステーク2着から1年4ヶ月休み明けのニホンピロバロン。
3着:牛若丸ジャンプステークス1着のタマモプラネット。

阪神スプリングジャンプで起こったこと。
1着:中山大障害2着のアップトゥデイト。
2着:牛若丸ジャンプステークス3着のグッドスカイ。
3着:中山大障害3着のルペールノエル。

中山ペガサスジャンプステークスは昨年の障害オープン、重賞で実績ない馬が1、2着。
阪神スプリングジャンプは昨年の重賞実績のある馬が1、2、3着。

今年の狙いは
・中山ペガサスジャンプステークスの1、2着馬。
・昨年末、障害未勝利勝ちの馬。

昔、外国馬カラジがグランドジャンプ3連覇。
オジュウチョウサンのグランドジャンプ3連覇とJ・GT5連覇、そして9連勝がかかったレース。
果たして…。

グランドジャンプ、レコードホルダーのアップトゥデイトも前2走を見ると逆転の可能性も十分。

今年も圧倒的に強い2頭。
そこにダート重賞勝ちのあるクロフネ産駒が挑む。


本命は4枠4番マイネルクロップ。

◎4枠4番マイネルクロップ
○7枠9番アップトゥデイト
▲5枠6番オジュウチョウサン
△3枠3番ニホンピロバロン
注7枠10番テイエムオペラドン

馬券は
4の単複。
馬単4−3、6、9、10(4点)
ワイド4−3、6、9、10(4点)
3連複4−3、6、9、10(6点)
3連単4−9−3、6、10と4−6−3、9、10(6点)


posted by HERO at 13:00| Comment(0) | 障害 GT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

2017年5回中山7日 10R 第140回 中山大障害 予想

こんにちは。

ワイド馬券師、HERO(ヒーロ)です。
GTの時はGT馬券師のHERO(ヒーロ)です。
障害GTの時もGT馬券師のHERO(ヒーロ)です。


J・GT 第140回 中山大障害 です。

多分、中山イルミネーションジャンプステークスと秋陽ジャンプステークスがステップレース。
毎年、下のクラスから障害王者が現れるのを期待させる障害競馬番組。

中山イルミネーションジャンプステークスで起こったこと。
1着:新潟のオープン戦1着のマイネルプロンプト。今年障害転向。
2着:京都ジャンプステークス競走中止のミヤジタイガ。今年障害転向。
3着:京都ジャンプステークス8着のゼンノトライブ。今年障害転向。

秋陽ジャンプステークスで起こったこと。
1着:東京ハイジャンプ8着のシンキングダンサー。
2着:東京ハイジャンプ2着のグッドスカイ。
3着:東京の未勝利戦1着のエルゼロ。今年障害転向。

中山イルミネーションジャンプステークスの1、3着馬が不在。
秋陽ジャンプステークスの2、3着馬が不在。
ステップレースの1〜3着馬は全頭、昨年の秋以降に障害転向。


今年の狙いは
・前走、オープンで2着の馬。
・今年障害デビューの馬。

オジュウチョウサンとアップトゥデイトが4枠に同居。
2頭あわせてJ・GT、5勝。
両馬とも切りたいところなんですが、オジュウチョウサンの強さは桁違い。

それでも何があるかわからない障害、突然の強者誕生もある障害。


本命は5枠9番ミヤジタイガ。

◎5枠9番ミヤジタイガ
○4枠7オジュウチョウサン
▲3枠4番シンキングダンサー
△6枠10番ユウキビバワンダー
注8枠14番クランモンタナ

馬券は9の単複。
枠連4−5(1点)
馬単9−4、7、10、14(4点)
ワイド9−4、7、10、14(4点)
3連複9−4、7、10、14(6点)
3連単9−7−4、10、14と9−4−7、10、14(6点)


ラベル:中山大障害
posted by HERO at 10:00| Comment(0) | 障害 GT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

2017年3回中山7日 11R 第19回 中山グランドジャンプ 予想

こんにちは。

ワイド馬券師、HERO(ヒーロ)です。
GTの時はGT馬券師のHERO(ヒーロ)です。
障害GTの時もGT馬券師のHERO(ヒーロ)です。

 競馬好きなら私の予想より先ずはこっち確認⇒競馬サーチ.com


J・GT 第19回 中山グランドジャンプ です。

ステップレースがこれですよ、という正式なアナウンスがないJ・GT。

これまでの競争歴史を見ても、中山ペガサスジャンプステークスと三木ホースランドパークジャンプステークスがステップレース的な競争であることは間違いなさそう。

重賞である阪神スプリングジャンプは微妙。


中山ペガサスジャンプステークスで起こったこと。
・1着は春麗ジャンプステークスを勝ったメイショウヒデタダ。
・2着は東京オープン競走で3着のダノンゴールド。
・3着は春麗ジャンプステークスで6着だったシンキングダンサー。

三木ホースランドパークジャンプステークスで起こったこと。
・1着は京都オープンを勝ったメイショウソラーレ。
・2着は京都未勝利を勝ったメイショウオトコギ。
・3着は春麗ジャンプステークスで9着だったラステラ。

三木ホースランドパークジャンプステークスの1、2着馬が不在。
1着馬のメイショウソラーレは昨年障害デビューで3戦目に未勝利勝ちからの3連勝。
この馬が不在ということは、こういう重賞実績のない馬は消し、あるいは戦歴がダブル馬が狙い。

今年の狙いは
・中山ペガサスジャンプステークスの1、2着馬。
・ステップレースの1、2、3着馬が同居している枠。

圧倒的に強い2頭。
それでもそんな馬たちが負けることがあるのが競馬。

5連勝まではよくある。それ以上は特異現象。7連勝すれば超名馬。
連勝は5でストップ。


本命は6枠8番メイショウヒデタダ。

◎6枠8番メイショウヒデタダ
○5枠7番ルペールノエル
▲8枠12番オジュウチョウサン
△5枠6番アップトゥデイト
注4枠4番タイセイドリーム

馬券は8の単複。
枠連はなし
馬単8−4、6、7、12(4点)
ワイド8−4、6、7、12(4点)
3連複8−4、6、7、12(6点)
3連単8−7−4、6、12と8−4、6、12−7(6点)


posted by HERO at 12:00| Comment(0) | 障害 GT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする